肌の黒ずみを治す方法

MENU

365日全額返金保証付き

[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す

肌の黒ずみ 原因

女性が抱えるお肌の悩みは、ゴワゴワ肌だったり、カサカサの乾燥肌だったり、ハリと弾力のないシワシワ肌だったりしますが、それと同じくらい、いえ、もしかしたらそれ以上に悩みの種となっているのが、黒ずみ肌ですよね。

肌の黒ずみを治す方法

 

黒ずむ部分としては、ワキ、乳首、ビキニライン、デリケートゾーン、ひじ、ヒザ、くるぶし・・・といろいろ(>_<)
その黒ずみ度合いも、くすみ程度のものから本当に黒々したものまで人それぞれで、悩みの深さもそれぞれ。。。。

 

普段は人目につかない部位の肌であることがほとんどですが、だからといってそのままにしていては、いざというときに恥ずかしい思いをしますもんね。

 

 

やはり白くて透き通るような肌は、女性の永遠の憧れです。
また男性の好みも、いろいろあるとはいっても、白い肌が好きな人が多いようですね(^^;

 

だから、黒ずんでいる部分があるならば、何とかしたい!多くの女性はそう思っています(*^-^*)

 

では、どのようなケアをしたら黒ずみ肌は治るのでしょうか?
それにはまず、どうして肌が黒ずんでしまうのか、その原因について理解しておくことが必要なので詳しくみていきましょう!

 

肌が黒ずんでしまう原因は、部位によって細かい違いはありますが、基本的に大きく分けて次の3つなのです。

 

●肌の黒ずみ原因
1.メラニンの生成と定着

 

2.ターンオーバーの乱れ

 

3.ホルモンバランスの乱れ

メラニンの生成と定着

黒ずみの最も大きな原因となるのが、メラニンの生成です。
そもそもメラニンとは何か?という問題ですが、メラニンとは、肌が何らかの刺激を受けたときに肌を守る防衛反応として、基底層のメラノサイトで生成されるものです。

 

 

肌の黒ずみを治す方法

 

では、「何らかの刺激」とは、何でしょう?

 

紫外線ダメージ

例えば、日焼けした時に肌が黒くなるのがその一つですね。
肌が日光を多く浴び紫外線ダメージを受けたことにより、その防衛反応としてメラニンが生成され、これが定着することによって色が黒くなってしまいます。

 

摩擦ダメージ

締め付けの強い矯正下着やぴったりと密着した服などを身につけたとき、肌がそれらの繊維とこすりあうことで、肌にとって摩擦ダメージとなることがあります。

 

また、洗顔や体を洗うときに手やタオル、ブラシなどでゴシゴシこすることも摩擦ダメージとなりますので注意が必要ですね。

 

成分ダメージ

化粧品や薬をつけたときに、そこに配合されている成分が肌に合わない場合、それがダメージとなることがあります。

 

より身近なところでいえば、洗濯洗剤や柔軟剤、制汗スプレーなどでもこのような事態を起こすことがありますので、軽くでもかゆみを覚えたりした場合はすぐに使用を中止しなければいけません。

 

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことで表皮の生まれ変わりのことをいいます。

 

具体的に言うと、肌細胞は約28日間かけて角化し、やがて角質細胞になり最後にふけや垢としてはがれていく代謝サイクルをたどるのです。

 

 

だから、本来健康的な肌であれば、多少メラニンが生成されたとしても、徐々に古い角質が剥がれ落ちることによって元の肌へと戻っていきます。
それがターンオーバーが乱れてしまうことによって、古い角質が剥がれ落ちなくなったり、メラニン色素が沈着したままになったりして肌にシミや黒ずみができてしまうのです。

 

<ターンオーバーの乱れが引き起こす肌トラブル>

肌の黒ずみを治す方法

・肌荒れ・ニキビ(大人ニキビ)ができやすくなる
・肌のきめが粗く硬いゴワゴワ肌になる
・傷の治りが遅い
・小ジワ・シミができやすくなる

 

 

そんなターンオーバーは加齢とともに代謝周期が長くなってしまうものですが、他に乱れさせる原因としては、肌の乾燥・ストレス・不規則な生活・ホルモンバランスの乱れ・・・があげられますね。

 

これらは相互に複雑に絡み合っていて、意外とややこしいものなのです(>_<)

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れとは、体内にある女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモン優位の状態になってしまうことを意味します。

 

具体的なホルモンでいうと、プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されることでメラニンの働きが活発化するのです。

 

妊娠中に突然ワキが黒ずんだりするのは、このためですね。

 

また、それ以外にもホルモンバランスが乱れることによって、次のような変化が起こることもあります。

肌の黒ずみを治す方法

・生理不順になる
・体毛が濃くなる
・寝付きが悪くなる
・感情のコントロールがしにくくなる
・膣がかゆくなる
・汗をかきやすくなる

 

女性は毎月の生理によっても周期的にホルモンバランスは変化しますが、妊娠・出産となるともっと大がかりなホルモンバランスの変化が起こるので、それにつれて体にも変化が生じることになり、何かと大変なのです。。。

肌の黒ずみ ケア

肌に黒ずみができてしまう原因については上記の通りです。

肌の黒ずみを治す方法

では、毎日の生活の中では、どのように黒ずみに対してケアしていけばよいのでしょうか?

 

その方法とは、@できてしまった黒ずみを排除する働きかけ、とA今後黒ずみを作らない為の予防です。

 

これを実現させるために具体的に行なうのが、以下の方法となります。

 

●黒ずみを治すケア
1.新たな黒ずみを生む刺激軽減

 

2.ターンオーバーを高めて黒ずみを排除するスキンケア

新たな黒ずみを生む刺激軽減

まずは、”イタチの追いかけっこ”にならないよう、新たに黒ずみを生む原因を排除しなければいけません
それには、毎日の生活の中で上記で明らかになった肌への刺激を軽減することです。

 

紫外線ダメージ対策
日焼け止めを塗る・日傘をさす・はおりものをする・サングラスをかけるといったUVケアを万全に行ないましょう。

 

摩擦ダメージ対策
小さすぎる下着、締め付けの強い下着はやめ、服も腕周りにゆとりのあるものに変えるといった配慮が必要です。

 

そして顔や体を洗う際もゴシゴシこするのではなく、泡で洗うといった感覚が必要ですね。

 

成分ダメージ対策
化粧品など肌につけるものを選ぶ際には、配合成分にこだわり、できる限り無添加で低刺激のものを選ぶ必要があります。
安易にテレビCMや香料に惑わされてはいけませんね。

 

ターンオーバーを高めて黒ずみを排除するスキンケア

今後の予防と共に行なう必要のあるのが、現状を改善するための働きかけ。今ある黒ずみをなくす対策ですね。

 

今現にできてしまっている黒ずみに対する働きかけとして、軸となるスキンケアは、乱れてしまっている肌のターンオーバーを高め、黒ずんだ部分の肌を排除することです。そのために重要なことは、保湿と栄養補給!これを毎日のスキンケアで気長に行なっていく必要がありますね。

 

当サイトでは、そのための対策クリームを口コミ評価の高い順にランキング形式でご紹介します。
いずれも肌に低刺激のクリームであり、万が一肌に合わなかった場合に備えて返金保証もついていますので、安心してお試しください(*^-^*)

ピューレパール

ピューレパール

最高級の美肌成分を凝縮させた、脇の黒ずみケア専用ジェル。
ナノ化成分なので厚い角質層にも浸透します。
美白成分を超高濃度で配合
その効果の高さは「エステ級」と絶賛されています♪
無添加・低刺激の医薬部外品なので敏感肌の人もOK
プッシュタイプのエアレス式ボトルなので、衛生的かつ新鮮!

 

2018年4月にリニューアルされ、より使いやすく、コスパもパワーアップ(2倍に増量)しました!!

 

<配合成分>
有効成分グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキスの他に トリプルヒアルロン酸、トリプルコラーゲン、トリプルセラミドを含む「26種の保湿成分」や「7種の抗炎症成分」「10種の美白&サポート成分」などたっぷりの美容成分を配合

定期購入時の価格

評価

備考欄

7,600円→2,750円

永久返金保証付き

 

肌の黒ずみを治す方法

 

 

アットベリー

肌の黒ずみを治す方法

黒ずみ・保湿のトータルケアを行う薬用ジェル。
内側にはナノ化した美容成分が角質層に浸透、また外側においては高分子成分が肌を保護。
低刺激性処方で敏感肌の人もOK
他のクリームの2倍60g入りでコストパフォーマンスの高いクリームとして好評です♪

 

 

<主成分>
コラーゲン・トレハロース・ヒアルロン酸・甘草フラボノイド・プラセンタエキス・エラスチン・セラミド・桑エキス・天然ビタミンE

定期プランでの価格

評価

備考欄

5,200円→2,980円

60日間返金保証付き

 

肌の黒ずみを治す方法

 

 

クレアフォート

肌の黒ずみを治す方法

人気急上昇中の黒ずみケア用ジェルクリーム
美白研究のエキスパートによって開発された美白ケアクリーム。
乾燥やダメージによって弱った肌力を底上げするとともに、メラニンを抑制する美白効果で黒ずみを解消してくれます。
脱毛サロンからの問い合わせもあるほどの効果と評判

 

<主成分>
プラセンタエキス、コメヌカエキス、ビサボロール、ビタミンC誘導体、カモミラエキス、ヒメフウロエキス、酵母多糖体末、スターフルーツ葉エキス、生コラーゲン、セイヨウナシ果汁発酵液、グリチルリチン酸ジカリウム、アーティチョークエキス

特別定期コースでの価格

評価

備考欄

4,960円

120日間返金保証付き

 

肌の黒ずみを治す方法

 

 

 

 

2017/05/29 19:26:29 |
なかなか人に言えない黒ずみの悩み・・・どの部位も人に相談しにくいものですが、お尻の黒ずみもちょっと人に知られたくない悩みですね。。。何もしなくたってお尻の肌がきれいな人も中にはいらっしゃいますが、ネットでの相談などをみていると、結構多くの人が「お尻の肌が汚い」と気にしているようです。お尻に関する悩み...
2016/12/18 21:06:18 |
日焼けによるシミやダメージによってできたメラニンの色素沈着は、肌の新陳代謝が滞ることによってずっと居座っている場合も多くあります。若い肌ならば、細胞分裂も盛んに行なわれ、肌の生まれ変わりであるターンオーバーも正常に行なわれるため、少々ダメージを受けてメラニンが沈着しても、その部分の角質がオフされれば...
2016/08/14 07:16:14 |
私たちの肌が黒ずみを起こしている場合、どの部分の肌かにもよりますが、黒ずみ原因には次の3つが考えられます。◎肌の黒ずみ原因毛穴汚れ(毛穴の詰まりと角栓の酸化による黒ずみ)ムダ毛処理の失敗による埋没毛摩擦や刺激によるダメージでできたメラニンの色素沈着これらの原因が、肌をみて明らかな場合は、それぞれ単独...
2016/07/13 23:54:13 |
肌の黒ずみは、紫外線であれ、摩擦であれ、何らかのダメージが肌に加わることによって、その防衛反応としてメラニンが生成され沈着したものです。この黒ずみに対し、抗酸化作用を持つビタミンCがとても有効に作用すると考えられているのです。ビタミンCとビタミンC誘導体なぜなら、ビタミンCは、毛穴の黒ずみケアやニキ...
2016/06/27 23:40:27 |
露出の多い暑い季節には、ムダ毛のお手入れが気になります。ただでさえ、日本人はムダ毛については厳しめの傾向にあるので、今や見える部分のムダ毛のお手入れは身だしなみの一つなんですよね(^^;)故に、ムダ毛が顕著に生えてくる中学生以降、私たちはセルフケアでムダ毛処理を一生懸命行なうのですが、剃刀で剃ったり...
2016/04/30 23:19:30 |
思いのほか簡単にできてしまう黒ずみうっかりブラジャー跡に黒ずみができてしまった・・・なんてこと、ありませんか?実は、私には経験があるんです(^^;)1年の中で春先に最も身体がふっくらとしてしまうのが常なのですが、ついついちょっと太ってしまった認識があったにもかかわらず、それまでのブラジャーを引き続き...
2016/02/23 01:10:23 |
肌の黒ずみは、摩擦や紫外線などのダメージによってメラニンが作られ、それがターンオーバーの低下によって肌に定着してしまったもの。だから、肌に直接必要成分を塗布することで黒ずみの解消へと導く・・・確かに、これは問題解消への正しいステップ。でも、基本的に効果の表れ方はとても緩やかなので、理論上はターンオー...
2015/12/28 00:29:28 |
ひじやくヒザ、くるぶしといった部分の黒ずみも当然気になるけれど、調査結果に表れた女の子たちが最も黒ずみを気にする部分といえば、脇や乳首、そしてデリケートゾーンです。そして、この脇や乳首、デリケートゾーンといった部分は、黒ずみとともにニオイも気になるところなんですよね(>_そのせいか、黒ずみケアを検索...
2015/12/19 03:16:19 |
人は年齢を重ねると徐々に肌が乾燥し、たるんでくるものですが、この乾燥や肌のたるみは毛穴を開かせ微妙な影を作るために、肌の黒ずみのように見せてしまう場合があります。どういった仕組みで黒ずんで見え、どのような対策をすれば改善されるのか・・・詳しくみてみましょう。加齢による乾燥がもたらす肌のくすみ私たちの...
2015/12/19 02:00:19 |
妊娠中の方で肌が急に黒ずんで驚かれる方、たくさんいらっしゃいますよね。ある時ふと気づくと、脇や足の付け根(デリケートゾーン)などが黒くなっていて「え?」とびっくりする・・・これは出産経験者にかなりの割合でいらっしゃるものなのです(#^.^#)なぜこのようなことが起こるのでしょうか?肌が黒ずむ原因につ...