肌の黒ずみ ハイドロキノン

MENU

365日全額返金保証付き

[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す

肌の黒ずみ ハイドロキノン

顔や体の肌は私たちが思っている以上にデリケートなもの。
だから、「これくらい」と思うような行為すら刺激と受け取って、肌の防衛反応であるメラニンを生成してしまうことがよくあります。

 

顔にできるシミがその最たるもの。

肌の黒ずみ ハイドロキノン

皮膚科医によると、年齢からくる老人性のシミや紫外線を受けたことによる日焼けのシミももちろんありますが、シミや黒ずみの多くが、普段何気なく行なっているメイク落としや洗顔といったスキンケアのやり方によって発生したり悪化したりしているそうです。

 

知らず知らずのうちに肌をこするような行為をしてダメージを与えているということですね。

 

 

だから、まずはこれ以上黒ずみを作らないよう、どの行為が摩擦にあたるのかをきちんと理解する必要があります。
そしてそれと同時に、できてしまった黒ずみを消す対策をとらなければいけないわけですね。

肌の黒ずみを消す方法

実際にできてしまった肌の黒ずみを消したい場合、考えられる方法は次の2通りです。

 

1.黒ずみ部分を肌の新陳代謝を繰り返すことで徐々に排除していく

 

2.黒ずみ自体に働きかけ薄くしていく

 

 

1.の方法をとる場合、ダメージを受けた肌を健康にし、代謝機能を復活させ活性化する必要がありますので、気長に時間をかけて水分と栄養を与え続けなければなりません。
そのためのケア製品がこちらでご紹介している対策クリームですね。

 

 

皮膚科やエステでピーリングという形で半強制的に代謝を促すやり方もありますが、自宅でコストを抑えながらケアするには最適の方法です。
そして、それとは別の方法として、黒ずみ自体を薄くしていくときに有効なのがハイドロキノンなのです。

肌の黒ずみを薄くする ハイドロキノン

できてしまっている肌の黒ずみを薄くしたい場合、ハイドロキノンという成分が有効に作用してくれます。

 

 

ハイドロキノンといえば、シミを薄くしたいときに使う美白成分。

 

美白成分については、肌の黒ずみ 美白化粧品で詳しく述べている通り、これからシミを作るのを防ぐ予防的美白成分がほとんどを占めますが、ハイドロキノンは、できてしまったシミに働きかけ薄くしてくれる数少ない美白成分なのです。

 

 

但し、ハイドロキノンは一種の劇薬といえる強い成分です。
効果が高い反面、副作用の可能性が高いということですね。

 

故に薬品として使用する場合、濃度を管理する必要があるため医師の処方が必要になります。
とはいえ、医師に処方してもらった場合でも、ハイドロキノンが肌に合わない人や肌が弱い人が使うと赤く皮むけしたり、ヒリヒリしたりすることがありますので、あまりおすすめはしたくない感じです。

 

また、ハイドロキノンを塗ってケアする場合には、肌が超デリケートな状態になるので、日光に当たらないようにするなどの注意事項が必要であり、取り扱いにはややこしい面が否めません。

 

 

 

そこで、安全な方法でハイドロキノンの効果を有効に使いたい場合、日本でも認可された濃度内で配合されたお化粧品がおすすめです。

 

それが、ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。
化粧品とはいいながらも、よい香りがするわけではなく、その匂いはまさに薬品に近いものです。
が、シミを薄くする効果は高いので、お薬をつける感覚でお使いくださいね(^^;)

 

皮膚科処方のハイドロキノンクリームだとヒリヒリして赤くなるなどの副作用が起こる敏感肌の人も安心して使える、無添加の医薬部外品
しっかりした返金保証もついた化粧品なので、安心して使うことができますよ(^^♪

 

★ビーグレン「ホワイトクリーム1.9」

肌の黒ずみ ハイドロキノン

漂白型美白成分ハイドロキノン配合のクリーム
特許取得済みの浸透技術を持つサイエンスコスメ「ビーグレン」の美白プログラムの一品です。
キューソームという独自技術で浸透しにくいハイドロキノンをターゲットとするところまで届けることを実現
無添加・低刺激の医薬部外品なので敏感肌の人も使用OKです♪

 

24時間体制の電話サポートサービス365日返金保証制度がついているので、安心して試せますよ!

 

価 格 6,000円(単品価格)
評 価
備 考 ホワイトセット(7日間トライアル)は1,944円で購入できます♪

 

肌の黒ずみ ハイドロキノン