妊娠中 肌の黒ずみ

MENU

365日全額返金保証付き

[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す

妊娠中 肌の黒ずみ

妊娠中の方で肌が急に黒ずんで驚かれる方、たくさんいらっしゃいますよね。
ある時ふと気づくと、脇や足の付け根(デリケートゾーン)などが黒くなっていて「え?」とびっくりする・・・これは出産経験者にかなりの割合でいらっしゃるものなのです(#^.^#)

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

 

妊娠中 肌の黒ずみ

 

肌が黒ずむ原因については、こちらでご紹介したように、まずは何らかのダメージによる「メラニンの生成と定着」、そして生成されたメラニンを排除できない「ターンオーバーの乱れ」が考えられますが、もう一つ、特に女性に起こるのは「ホルモンバランスの乱れ」です。

 

妊娠中に起こる肌の黒ずみは、まさにこの「ホルモンバランスの乱れ=急激な変化によるものなんですね。

 

妊娠中に起こるホルモンバランスの変化と黒ずみの関係

女性は毎月の生理周期においても、卵胞ホルモンであるエストロゲン黄体ホルモンであるプロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌量が変化することで、肌へ少なからず影響を及ぼしています。

 

 

だから、生理前の1週間あたりは肌が何となくゴワついたり、ニキビができたり、化粧ノリも良くなくあまりいい状態ではないですよね。
これはエストロゲンが減少して、逆にプロゲステロンの分泌が増えているから。

 

つまり、これもホルモンバランスが変化したことによる影響の一つなのです(^^;

 

 

一方、妊娠中はこれらのホルモンバランスが生理周期の比較にならないほど急激な変化を伴います。

 

特に妊娠20週くらいから、エストロゲンとプロゲステロンが急激に増加!
これらのホルモンはメラニン色素を作り出す色素細胞(メラノサイト)を刺激するので、必然的に肌内部のメラニン色素が増えることになります。

 

これによって色素沈着が起こりやすくなり、黒ずみだけでなくシミやそばかすも現れてきます。

 

黒ずむ部位はどこ?

黒ずむのは、特にワキや乳首、乳輪、外陰部など。
もともとメラニン色素が多いため、黒ずみやすい部分ですね。
(メラニン色素は肌を守る働きがあるため、乳首に関しては赤ちゃんの授乳に備えて黒ずんでくるという考え方もあるようです。)

 

また、リンパ節がある足の付け根なども同じように黒ずむ場合があります。

 

妊娠中のいつぐらいから黒ずむの?

妊娠初期の4週目くらいから乳房のハリや乳首が敏感になるなどの変化を感じ始めますが、黒ずみもこの頃から少しずつ出始めるようです。

 

そして20週くらいから2つの女性ホルモンが急増するときにグッと黒くなることが多いですね。
それも個人差がありますが、度合いのひどい人は本当に黒くなるのでびっくりします(゚д゚)!

 

私の友人などは「思わず病院に電話しちゃった」って言ってましたよwww

 

妊娠中の黒ずみへの対処

こうしたホルモンバランスの変化による妊娠中の黒ずみは、実は出産が終わり、ホルモンバランスが元の状態に戻るころ自然になくなるので気にしなくても大丈夫なんです(*^-^*)

 

赤ちゃんが生まれてお世話に没頭しているときには自分のことにあまり構う余裕がなくなるでしょ?
そのあいだに治まってたりするものなんです(#^.^#)

 

妊娠中 肌の黒ずみ

 

とはいえ、これにも個人差があって、黒ずみがきれいになくなってしまうまでに結構時間がかかる人も・・・
そういう方は「本当にこの黒ずみは治るのかしら?」と不安になりますよねw

 

 

そんな時は、美肌クリームだと思って黒ずみ専用ケアクリームをぬってお手入れしてみて下さい♪
それなら万が一、肌に何らかのダメージが働いて黒ずみが定着してしまう場合も安心ですよね(*^-^*)

 

「早く黒ずみを消さなくちゃ」と躍起になる必要はないので、ゆったりとした心で美しくなるためのケアを再開してみて下さいね♪

 

 

【当サイトイチオシの黒ずみ専用クリーム】

★ピューレパール

 

妊娠中 肌の黒ずみ

最高級の美肌成分を凝縮させた、脇の黒ずみケア専用ジェル。
ナノ化成分なので厚い角質層にも浸透します。
美白成分を超高濃度で配合
その効果の高さは「エステ級」と絶賛されています♪
無添加・低刺激の医薬部外品なので敏感肌の人もOK

 

<主成分>
ビタミンC・天然ビタミンE・グリチルリチン酸ジカリウム・コラーゲン・トリプルヒアルロン酸・プラセンタ・米ぬかエキス

定期購入時の価格

評価

備考欄

4,750円→2,750円

25日間全額返金保証付き

 

妊娠中 肌の黒ずみ